News & Release

ニュース&リリース

Jコミックテラスの子会社化のお知らせ


株式会社メディアドゥホールディングス(東証第一部 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO 藤田恭嗣、以下 メディアドゥホールディングス)は、電子コミック閲覧サービス「マンガ図書館Z」の運営会社である株式会社Jコミックテラス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 寺岡宏彰、以下 Jコミックテラス)の発行済株式の70.5%を株式会社GYAO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中祐介、以下GYAO)より取得し、子会社化しましたことをお知らせいたします。また新たに株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役 野間省伸)もJコミックテラスに出資し、株主となりました。

Jコミックテラスは、2015年6月にGYAOと漫画家の赤松健氏(Jコミックテラス取締役会長)によって設立され、赤松健氏が設立した株式会社Jコミから「絶版マンガ図書館」事業を譲り受け、「マンガ図書館Z」(https://www.mangaz.com/ )とサービス名称を変更し運営しています。

マンガ図書館Zは、過去出版された人気の作品を再び世に送り出すべく、ビューア上に広告を付けてWebやアプリ上で作品を公開し、広告収入を作者に還元する仕組みで、読者は無料(一部有料含む)でマンガを読むことができるサービスです。
当サービスで扱う作品は主に投稿作品や過去の作品であり、既存の出版社とは競合せず、むしろ過去の作品を掘り起こすことにより、同じ作家の現在の新刊の販売促進につながります。さらに、無料で合法的にマンガが読める仕組みは海賊版サイトへの有効な対抗策になりうるものと考えております。

メディアドゥホールディングスは今回の株式取得により、マンガ図書館Zの事業拡大を支援することで、新たなビジネスモデル提案による業界の活性化を図り、事業理念である「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人に届けること。」を推進し、「著作物の健全なる創造サイクルの実現」を目指します。